MENU

歯が痛い・しみる~虫歯~歯が痛い・しみる~虫歯~

虫歯は早めに治すことをおすすめします虫歯は早めに治すことをおすすめします

  • 虫歯は早めに治すことをおすすめします
  • 虫歯は早めに治すことをおすすめします

虫歯は、お口のなかの虫歯菌が出す酸によって歯が溶かされてしまう感染症です。初期段階では痛みがないため気づきにくく、歯が溶けて痛むようになったころにはすでに歯に穴が空いています。虫歯は自然に治る病気ではないため、放置していると最終的には歯を失ってしまう原因となります。もしも歯に痛みを感じたら、できるだけ早く大泉町の歯医者「武安歯科医院」までお越しください。

虫歯を放置する危険性虫歯を放置する危険性

虫歯は、常に痛みが続くわけではなく、一時的に痛みが治まることもあります。そんなときに「自然に治った」と勘違いして放置してしまうと、以下のような問題を引き起こす原因になります。

  • 以前よりも激しく痛むようになる
  • 何もしていなくても痛むようになる
  • 簡単な治療では治らない状態になる
  • 治療にかかる費用が増える
  • 治療期間が長くなる
  • 歯以外の部分にも悪影響が出る場合がある など

虫歯になりやすい人とは虫歯になりやすい人とは

虫歯になりやすい人は、普段の生活の中にその要因が隠れていることがあります。以下に当てはまる方は注意しましょう。

ブラッシングをしっかりしない

ブラッシングが不足していると、プラークが口腔内に残って虫歯の原因になります。しっかり磨いているつもりでも、正しく磨けていなければ同じことです。

歯並び・咬み合わせが乱れている

ブラッシングが不足していると、プラークが口腔内に残って虫歯の原因になります。しっかり磨いているつもりでも、正しく磨けていなければ同じことです。

だ液の量が少ない

だ液には、虫歯菌などの細菌を流す役割があります。そのため、だ液の分泌量が少ない人は虫歯になるリスクが高いのです。

生まれつき歯が弱い

歯が弱いと、虫歯菌が作り出す酸によって歯がすぐに溶けてしまいます。

糖分をよく摂取する

虫歯菌は糖分を餌にして酸をつくるため、口腔内に糖分が多くなると虫歯のリスクも増加します。

間食が多い

長時間にわたって口腔内に食べ物が残っていると、虫歯を引き起こす原因になります。

歯がしみるのは知覚過敏が原因かもしれません歯がしみるのは知覚過敏が原因かもしれません

歯がしみるのは知覚過敏が原因かもしれません

虫歯ではないのに、冷たいものや甘いものを口にしたときに歯がしみる症状があったら、それは「知覚過敏」かもしれません。知覚過敏とは、歯の表面のエナメル質が薄くなり、神経に刺激が伝わりやすくなって起こる症状です。

知覚過敏は、寝ている間の食いしばりや歯ぎしり、強すぎるブラッシングなどによって引き起こります。歯がしみた場合も、まずは歯科医院で診てもらいましょう。

虫歯に最初からかからないために 歯科医院で受ける予防処置