MENU

銀歯や着色が気になる~審美歯科・ホワイトニング~銀歯や着色が気になる~審美歯科・ホワイトニング~

銀歯のお悩みは審美歯科で解決銀歯のお悩みは審美歯科で解決

  • 銀歯のお悩みは審美歯科で解決
  • 銀歯のお悩みは審美歯科で解決

以前までは虫歯治療後、削った部分を補うために丈夫な銀歯が欠かせないと考えられていました。しかし、金属製の歯はどうしても見た目が気になります。白い歯が並ぶ中で目立ってしまう銀歯にお悩みの方に大泉町の歯医者「武安歯科医院」がおすすめしているのが、銀歯を白い素材に替える審美歯科治療です。

目立ってしまう金属の詰め物・被せ物を白く強度も高いセラミックに取り替えることで、自然な美しい口元にすることができます。お口の見た目にお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。

銀歯の問題点は「見た目」だけではない?銀歯の問題点は「見た目」だけではない?

長年にわたって歯科医院で使われ続けてきた銀歯。しかし、銀歯には以下のような問題点があります。

問題点1:目立つ問題点1目立つ 問題点2:歯と歯ぐきの境目にラインができる問題点2歯と歯ぐきの境目にラインができる
白い歯が並ぶ中で、銀色に輝く銀歯は非常に目立ちます。 歯ぐきが痩せてしまったときなどに金属部分が露出し、黒いラインができることがあります。
問題点3:歯ぐきが黒ずむ問題点3歯ぐきが黒ずむ 問題点4:金属アレルギーの原因になる問題点4金属アレルギーの原因になる
銀歯は丈夫ですが、少しずつだ液などに溶けだしてイオン化し、歯ぐきを黒ずませることがあります。 だ液などによって銀歯が溶け、金属イオンが体内に入り込むと金属アレルギーが起こることがあります。

見た目と機能性を兼ね備えたセラミックがおすすめです見た目と機能性を兼ね備えたセラミックがおすすめです

見た目と機能性を兼ね備えたセラミックがおすすめです

セラミックとは、白く丈夫な陶器の一種であり、歯科素材に利用されています。本物の歯に合わせた色に調整できるため、どの歯に詰め物・被せ物があるのかほとんどわからないほど自然な仕上がりになります。さらに、金属製の歯に劣らない強度も併せ持っているため、強い力がかかる奥歯にも使用可能です。

当院では、患者様のお口の中の状況やご要望などに応じてセラミックを使用した治療をおすすめしています。詳しくは、当院までお気軽にご相談ください。

取り扱い素材紹介取り扱い素材紹介

オールセラミック
見た目が自然で耐久性にも優れ、長年にわたって美しさが続きます。

オールセラミック

審美性  ★★★★★
耐久性  ★★★★☆

オールセラミック

審美性  ★★★★★
耐久性  ★★★★☆

【メリット】
  • 見た目が自然
  • ほとんど変色がない
  • 汚れがつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
【デメリット】
  • 歯を削る量が多め
  • 噛む力がかかりすぎると欠けることがある
メタルボンド
金属製のフレームの周りにセラミックを焼きつけた素材です。

メタルボンド

審美性  ★★★★☆
耐久性  ★★★★★

メタルボンド

審美性  ★★★★☆
耐久性  ★★★★★

【メリット】
  • 白く自然な見た目
  • 強度が高く奥歯にも使用できる
  • オールセラミックより安価
【デメリット】
  • 光が透過しない
  • 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
ハイブリッドセラミック前装冠
表面をセラミックにし、前から見えない部分を金属にした素材です。

ハイブリッドセラミック

審美性  ★★★★☆
耐久性  ★★★★☆

ハイブリッドセラミック

審美性  ★★★★☆
耐久性  ★★★★☆

【メリット】
  • 見た目が自然に見える
  • オールセラミックやメタルボンドより安価
【デメリット】
  • 審美性がやや低い
  • 変色することがある

ホワイトニングは歯を削らずに白くすることができますホワイトニングは歯を削らずに白くすることができます

  • ホワイトニングは歯を削らずに白くすることができます
  • ホワイトニングは歯を削らずに白くすることができます

「ホワイトニング」とは、着色してしまった歯を削ることなく白くする「歯の美白」です。薬剤を使用して歯の内側から白くするため、本来よりも白い歯が手に入ります。近年では、結婚式などのイベントに合わせて歯を白くする方もいらっしゃいます。

歯が着色する原因歯が着色する原因

子どもの頃は真っ白だった歯も、さまざまな原因によって少しずつ着色してきてしまいます。以下のようなものが着色の主な原因です。

原因1:加齢原因1加齢 原因2:飲食物原因2飲食物
加齢によって歯の内側が着色するほか、外側の層が薄くなるため歯が着色して見える。 色の濃い飲食物(赤ワイン・コーヒー・カレーなど)によって少しずつ歯が着色する。
原因3:喫煙原因3喫煙 原因4:虫歯原因4虫歯
毎日喫煙することで、歯にタバコのヤニがついて着色する。 歯が虫歯に冒されることで変色し、着色が強くなる。

歯を白くするホワイトニングご自宅で白くするホームホワイトニング

ホワイトニング施術には、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」の2つの方法があります。それぞれに特徴があるため、当院では患者様のさまざまなご要望にお応えできるよう、どちらのタイプも扱っています。

ホームホワイトニング

自宅で行える「ホームホワイトニング」は、歯科医院で作成したマウストレーに薬剤を入れて装着し、歯を白くします。効果が出るまでに時間がかかりますが、色が元に戻りにくいというメリットがあります。

  • 歯を白くするホワイトニング
  • 歯を白くするホワイトニング
  • 歯を白くするホワイトニング
メリット 注意点
  • 白さを長期間維持できる
  • 刺激が少なく安全性が高い
  • 自宅で好きな時に行える
  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 自分で行わなければならない
  • 症状によっては中断しなくてはならない場合がある
オフィスホワイトニング

歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」は、専用の薬剤を歯に塗布し、特殊な光を照射して歯を白くしていきます。1回の施術でも効果を感じることができますが、色の後戻りも早いため、結婚式や成人式、就職活動などお急ぎのイベントがある場合におすすめです。

  • 歯を白くするホワイトニング
  • 歯を白くするホワイトニング
  • 歯を白くするホワイトニング
メリット 注意点
  • 歯科医院でドクターによる施術が受けられる
  • 1回の施術で効果を実感できる
  • 歯科医院で受けるので手間がかからない
  • 色の後戻りが早い場合がある
  • 高濃度のホワイトニング剤を使うので、
    一時的にしみたり知覚過敏になることがある

ホワイトニングができないケースホワイトニングができないケース

以下のような場合、ホワイトニングができないことがありますので、事前にご確認ください。

  • 妊娠中、もしくは授乳中である場合
  • 18歳未満である場合
  • 口腔内に虫歯や歯周病がある場合
  • 歯に欠けやひび割れなどがある場合

銀歯や着色でお悩みの方は一度当院までご相談ください。武安歯科医院 電話:0276-62-2264