MENU

歯が抜けてしまった~インプラント~歯が抜けてしまった~インプラント~

まわりの歯に負担をかけないインプラントまわりの歯に負担をかけないインプラント

まわりの歯に負担をかけないインプラント

虫歯や歯周病、事故などの影響で歯を失ってしまうことがあります。歯を失った際に有効なのが「インプラント治療」です。インプラントは、歯を失ってしまった部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに人工歯を取りつけて歯の見た目と機能を取り戻す治療法です。

まわりの歯に負担をかけないインプラント

入れ歯やブリッジなどの補綴(ほてつ)治療の場合、人工歯を固定するためにまわりの歯を削ることもあります。しかし、インプラントは完全に一本の歯だけに処置を行うため、周りの歯に負担をかけることはありません。大泉町の歯医者「武安歯科医院」では、インプラントをおすすめしています。

インプラントのメリット・デメリットインプラントのメリット・デメリット

インプラントは多くのメリットがある治療法ですが、当然デメリットもあります。メリット・デメリットの両方を知ったうえでお選びください。

メリット デメリット
  • 本物の歯に近い感覚で咬める
  • 周りの歯に影響を及ぼさない
  • 違和感が少ない
  • 顎の骨が痩せにくい
  • 硬いものでも咬める
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

インプラントインプラント

インプラント

失った歯の顎の骨の部分に外科手術により人工歯根を埋め込み、それを土台としてセラミックの人工歯を取り付け、歯の機能と審美性を回復する固定式の補綴治療です。失った歯が1本の場合でも、すべての場合でも対応可能です。
周りの歯に負担をかけないことが最大の特徴です。

入れ歯入れ歯

入れ歯

歯ぐきや歯の上に被せたり、バネなどでひっかけたりして使用する義歯のことで、取り外し式の補綴治療です。部分入れ歯と総入れ歯があり、失った歯が1本の場合でも、すべての場合でも対応可能です。

プリッジプリッジ

入れ歯

失った歯の両隣の歯を削って土台を作り、その歯を支えに橋渡しをするように人工歯を被せて歯の機能を回復する補綴治療です。失った歯の本数が少ない場合に対応可能です。

こういう方にインプラントはおすすめですこういう方にインプラントはおすすめです

  • 使っている入れ歯ではしっかり咬めない方
  • 入れ歯が目立ってしまうのが気になる方
  • 口元の若々しさを維持したい方
  • 歯を失った部分の周囲の歯に負担をかけたくない方
  • 使っている入れ歯がズレてきた方

当院のインプラント治療が安心で安全な理由当院のインプラント治療が安心で安全な理由

正確な診断を行うために歯科用CTを使用

正確な診断を行うために歯科用CTを使用

歯科用CTを使用することにより、レントゲン写真では解らなかった顎の骨の状態や骨量・厚みなど細部の情報まで3Dで正確に確認・把握することができます。

シミュレーションソフトを使用した治療計画

シミュレーションソフトを使用した治療計画

当院では患者様の口腔内のCTスキャンデータと3Dシミュレーションソフトを使用して、インプラントの埋入位置、角度を決定するので、正確なインプラント治療を実現することが可能です。また、同時に補綴物の設計を行うことができるので、機能性・審美性も向上します。

世界的に歴史のあるノーベルバイオケア社のインプラントを使用

世界的に歴史のあるノーベルバイオケア社のインプラントを使用

当院では、インプラント業界のトップシェアである「ノーベルバイオケア社」のインプラントを採用しています。ノーベルバイオケア社はインプラントシステムのパイオニアであり、確かな信頼と実績を積み重ねてきた会社です。

ノーベルバイオケア社のインプラントの4つの特徴
特徴1:確かな信頼と実績 特徴1確かな信頼と実績 特徴2:万全のサポート体制特徴2万全のサポート体制
インプラントシステムのパイオニアであり、もっとも長い歴史を持っています。国際学会などでの症例発表の実績も豊富です。 インプラントが長期間にわたって快適に使い続けられるよう、充実したアフターフォロー体制ができています。
特徴3:最先端の研究開発特徴3最先端の研究開発 特徴4:安心のトップシェア特徴4安心のトップシェア
インプラントシステムを作り上げただけでなく、新しいシステムの研究・開発にも積極的に取り組んでいます。 ノーベルバイオケア社のインプラントシステムは業界トップシェアであり、多くの医院が採用しているため、転院時でも安心です。
国産のインプラントメーカーGC社のインプラントを使用

国産のインプラントメーカーGC社のインプラントを使用

GCインプラントシステムは世界的に有名な日本の歯科製品メーカであるGC社による純国産インプラントとしてその高い性能が国内外でも高い評価を受けております。国産インプラントで唯一ISO(国際標準化機構)の厳しい基準に準拠した工場で作られていますので、より安全な治療を患者様に提供することが可能です。

使用するインプラントメーカーにより料金が異なります。

インプラント治療の流れインプラント治療の流れ

STEP1 歯ぐきの切開 STEP2 ドリリング STEP3 インプラント埋入
STEP1 歯ぐきの切開 STEP2 ドリリング STEP3 インプラント埋入
インプラントを埋め込むために歯ぐきを切開し、骨を露出させます。 インプラント治療専用のドリルを使用して、顎の骨に穴を空けます。 ドリルであけた穴にインプラントを埋め込みます。
STEP4 治癒期間 STEP5 アバットメント装着 STEP6 人工歯装着
STEP4 治癒期間 STEP5 アバットメント装着 STEP6 人工歯装着
切開した部分を縫合し、インプラントと骨の結合を待ちます。 インプラントと骨の結合が確認できたら、接合部であるアバットメントを装着します。 再度歯ぐきを縫合し、治癒したら人工歯を装着します。
STEP1
歯ぐきの切開
STEP2
ドリリング
STEP2 ドリリング STEP3 インプラント埋入
インプラント治療専用のドリルを使用して、顎の骨に穴を空けます。 ドリルであけた穴にインプラントを埋め込みます。
STEP3
インプラント埋入
STEP4
治癒期間
STEP1 歯ぐきの切開 STEP4 治癒期間
インプラントを埋め込むために歯ぐきを切開し、骨を露出させます。 切開した部分を縫合し、インプラントと骨の結合を待ちます。
STEP5
アバットメント装着
STEP6
人工歯装着
STEP5 アバットメント装着 STEP6 人工歯装着
インプラントと骨の結合が確認できたら、接合部であるアバットメントを装着します。 再度歯ぐきを縫合し、治癒したら人工歯を装着します。

失った歯を取り戻す、より手軽で確実な方法 入れ歯治療で食事をもっと美味しく