MENU

インプラントや親知らずなど口腔外科治療についてインプラントや親知らずなど口腔外科治療について

お口のトラブルは専門医にお任せくださいお口のトラブルは専門医にお任せください

お口のトラブルは専門医にお任せください

一般的な歯科診療とは、虫歯や歯周病の治療のことを指します。しかし、お口の中のトラブルはそれだけではありません。口腔粘膜疾患や顎関節症・舌の異常、口腔内のケガ、親知らずの抜歯、インプラント治療など、通常の歯科診療で対応できない症状を治療するのが「口腔外科」です。

大泉町の歯医者「武安歯科医院」の院長と副院長は、口腔外科を専門的に学んだ専門医です。虫歯や歯周病以外のお口のトラブルについても、当院にぜひご相談ください。

「口腔外科専門医」とは「口腔外科専門医」とは

「口腔外科専門医」とは

口腔外科専門医とは、専門医試験に合格した歯科医師を指します。この試験を受ける条件として、口腔外科の専門医療機関において6年以上の研修をおさめ、定められた症例数以上の口腔外科手術を執刀したことが挙げられます。口腔外科の豊富な知識と技術を持っていることの証なのです。

【こんな治療に対応できます】

  • 親知らずの抜歯・移植
    (※完全に埋没している親知らずの抜歯も可能)
  • 口腔内の粘膜の病気の治療
  • 顎関節症の治療
  • 口腔内のケガの治療
  • 口腔内の腫瘍の治療
  • 唾液腺の病気の治療 など

奥歯の痛みは親知らずの可能性があります奥歯の痛みは親知らずの可能性があります

奥歯の痛みは親知らずの可能性があります

奥歯が激しく痛む場合、虫歯ではなく親知らずによる炎症が起こっている可能性があります。痛みの原因が親知らずにある場合は、口腔外科での治療となります。

「親知らず」は20歳前後になると生えてくる歯のことです。親知らずは、生えてくる際に周りの組織を傷つけたり、周りの歯を圧迫して歯並びが乱れる原因になったりすることがあります。また、無事に生えてきても咬み合わせを乱す原因になることが多くブラッシングもしにくいため、虫歯になりやすいというリスクもあります。 ,

親知らずを抜く場合と抜かない場合

親知らずの多くは正常に生えてこないため、生え方によっては抜歯になることも少なくありません。しかし、場合によっては抜歯を避けることができることもあります。

抜歯が必要な場合 抜歯の必要がない場合
  • 親知らずが邪魔でブラッシングしづらい
  • 親知らずによる痛みや炎症が起きている
  • 親知らずの周囲が虫歯や歯周病になった
  • 親知らずが他の歯を圧迫している
  • 咬み合わせが悪くなってきた
  • 歯ぐきからまっすぐに生えている
  • 咬み合わせが正常にできている
  • ブラッシングの際に支障がない

抜いた親知らずは移植をすることもできます抜いた親知らずは移植をすることもできます

抜歯した親知らずは、歯が抜けてしまった別の箇所に移植することが可能です。当院では移植治療も行っていますので、ご希望がありましたらお気軽にご相談ください。

親知らずの移植とは

虫歯などで歯を抜いてしまった箇所に、親知らずを植える治療です。自分自身の歯を移植するため、拒絶反応などの危険性が少なくなります。

顎の痛みは顎関節症を疑いましょう顎の痛みは顎関節症を疑いましょう

大きく口を開けようとすると顎の関節が痛む……。
口をしっかり開閉できなくなってしまった……。

顎の痛みは顎関節症を疑いましょう

このような症状があるなら、それは「顎関節症(がくかんせつしょう)」かもしれません。顎関節症は若い女性に多い症状として知られ、悪化すると顎周囲の症状だけでなく頭痛や肩こりを誘発するおそれもあると言われています。顎が痛む方、原因不明の頭痛や肩こりがある方は、顎関節症を疑ってみましょう。当院では顎関節症の治療も行っています。

顎関節症の原因とは

以下のような生活習慣は顎関節症を引き起こす原因になります。

  • 歯ぎしりや食いしばりのクセがある
  • ほおづえをすることが多い
  • 姿勢がゆがんでいる
  • 片方の顎だけを使って食事をしている など

インプラント治療についてインプラント治療について

インプラント治療について

インプラント治療は、虫歯や歯周病、不慮の事故などで失われた歯を補うだけでなく、自然な咬み心地と見た目を実現する、とても優れた治療法です。インプラントには高度な技術と経験が必須ですが、当院には2名の口腔外科専門医が在籍しておりますので、ご安心ください。
インプラントについてくわしくはこちらをご覧ください。

その他のお口のトラブルについてその他のお口のトラブルについて

口腔粘膜疾患

舌や歯ぐき、頬の内側などの粘膜の病気を指します。口内炎も口腔粘膜疾患に分類されます。症状によって適切な治療法は異なるため、専門家の診断が必要です。

外傷(口腔内のケガ)

歯が折れた、抜けた、欠けたといったトラブルです。お子様が遊んでいる最中にケガをすることが多いほか、高齢者の方が転倒してケガをすることも多々あります。歯が抜けてしまった場合でも、すぐに抜けた歯を持ってきていただければ、元に戻すことができるケースもあります。

親知らずやお口のトラブルは、口腔外科の専門医がいる当院までご相談ください。 武安歯科医院 電話:0276-62-2264