MENU

歯ぐきが腫れる・血が出る~歯周病~歯ぐきが腫れる・血が出る~歯周病~

歯周病は歯を失う原因の第1位です歯周病は歯を失う原因の第1位です

  • 歯周病は歯を失う原因の第1位です
  • 歯周病は歯を失う原因の第1位です

「歯周病」とは、細菌によって歯ぐきが炎症を起こして出血し、進行すると顎の骨が溶けてやがては歯が抜け落ちてしまう感染症です。歯を失うほどの病気なのに痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに重度まで進行してしまうことが珍しくありません。少しでも歯周病の疑いがある場合は、大泉町の歯医者「武安歯科医院」までご来院ください。

歯周病は口だけでなく全身に影響を与えます歯周病は口だけでなく全身に影響を与えます

歯周病の影響は、口内に留まらず全身にまでおよびます。こうした症状を防ぐためにも、歯周病の予防や治療が重要なのです。

血管疾患
血管疾患
歯周病にかかっていると、歯周病菌が歯肉から血管に侵入し、血栓を作ってしまいます。そのため、心筋梗塞・動脈硬化・脳梗塞などの疾患にかかりやすいとされています。
糖尿病
糖尿病
歯周病菌が侵入することでインスリンの生成が抑制され、血糖値を上昇させます。そのため歯周病にかかると糖尿病が悪化してしまうとされています。
誤嚥(ごえん)性肺炎
誤嚥(ごえん)性肺炎
誤嚥(食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと)によって歯周病菌が気管に入り込み、肺に感染して肺炎を引き起こします。高齢の方がかかりやすく、死亡率も決して低くない病気です。
低体重児出産
低体重児出産
体内に入り込んだ歯周病菌が子宮周辺に影響を与え、出産時に似た筋肉の収縮を引き起こすことが低体重児出産の原因になると言われています。

歯周病リスクチェック歯周病リスクチェック

ブラッシングをすると歯ぐきから血が出る はい    いいえ
歯ぐきが赤や紫色に腫れている はい    いいえ
口臭が強くなってきた気がする はい    いいえ
歯がぐらぐらする はい    いいえ
歯ぐきがかゆい、ムズムズする はい    いいえ
歯ぐきから膿が出てきている はい    いいえ
朝起きたときに口がネバネバする はい    いいえ
チェックが「0」の方は……チェックが「0」の方は……

今のところ問題ありません。これからも健康な状態を維持するために、毎日のお口のケアを欠かさずに行い、歯周病を予防しましょう。歯科医院での定期検診を受けることで発症のリスクをさらに少なくすることができます。

予防方法についてはこちら> 予防方法についてはこちら

歯周病の症状と治療方法歯周病の症状と治療方法

軽度歯周炎
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態です。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が発生したりします。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態です。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が発生したりします。
【治療法】
ブラッシング指導
ブラッシング指導
正しいブラッシング方法を指導します。
スケーリング
スケーリング
歯と歯ぐきの間の歯石を除去します。
中等度歯周炎
中等度歯周炎
顎の骨が半分ほどまで溶けた状態で、歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感覚があります。
中等度歯周炎
中等度歯周炎
顎の骨が半分ほどまで溶けた状態で、歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感覚があります。
【治療法】
ルートプレーニング
ルートプレーニング
歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石を専用の器具で除去します。
歯周ポケットそうは術
歯周ポケットそうは術
麻酔を行ったうえで、歯周病に感染した部位の掃除や組織の除去を行います。
重度歯周炎
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態です。歯のグラつきがひどくなり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなります。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。
重度歯周炎
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態です。歯のグラつきがひどくなり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなります。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。
【治療法】
GBR法
GBR法
溶かされてしまった顎の骨を再生させる再生療法の一種です。

歯周病にかからないために歯科医院で受ける予防処置